なぜ利益の出ているサイトを売却するのか?

よくお客様から、「なんで利益のでているサイトを売却するのですか?赤字だから売却するのではないですか?」というご質問をいただきます。

 

赤字だから売却するサイトもあります。

しかし、そのような理由ばかりではありません。

 

よくあるサイト売却の理由をいくつかご紹介いたします。

 


●選択と集中

利益はでているが、他に好調なサイトや事業があり、そちらと比べると利益規模等が劣るため、好調な方に注力すべく売却をする。

●人材のリソース不足

サイトの運営担当者がやめることになり、他部署の人材を配置転換する事が出来ないため、

新たな人材の採用を試みるもそちらも思うような人材が集まらない。、

今後、サイト運営に手が回らず、放置状態にしておくのであれば、価値のあるうちに売却したい。

●集客の不安

アフィリエイターに多い売却理由の一つとして、、今まで自前でSEO対策をしていたが、

Googleのアルゴリズムの進歩についていけないと感じ、利益がでているうちに売却をする。

 

上記以外にも、様々な売却理由があるのですが、

売手にとっては、マイナス要因があり売却したサイトでも、、買手側にはマイナスとして捉えられず、サイト売買されるケースが多いです。

 

もし、ご自身が売却理由をマイナスと捉え、サイト売却できないのではないかと悩まれている運営者様は、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

マイナスと思っていることが、実はプラスで、むしろ売却しやすい状況の場合もよくございます。

どうぞお気軽にご相談ください。


SNSでもご購読できます。