サイト売買仲介人の仕事

こんにちは。

サイトキャッチャー小林です。

 

今日は私たちの仕事について、お話ししたいなと思ってます。

 

サイト売買の仲介の仕事は、簡単に言うと、

サイト売却希望者とサイト購入希望者との間に立ち、お話がうまく進むように調整させて頂く事です。

 

 

なので、伝言ゲームの間にいる役としているだけでは、まったくもって意味がありません。

また、サイト購入検討者に売却サイトの良い部分ばかり言っているだけでも、意味がありません。

 

仲介は、そのサイトの良い部分はもちろん、悪い部分もしっかり把握し、それを伝えていかなくてはいけません。

 

なので、良い部分を引き出すことはもちろん、

悪い部分の情報を引き出すことが非常に重要です。

 

悪い部分と、言葉だけでみるとあまり良い話ではありませんが、

現在の運営者からすると悪い部分が、他者からすると、まったくもって悪い部分ではない事が多いです。

 

その逆で、悪いと思っていないことが、悪い部分だったりします。

 

そういったことが、把握できていないと、あとあとトラブルの元になってしまう可能性がありますので、

その情報を引き出すために、サイト売買の知識は必ず知っていなくてはならないですし、

売却サイトの業界の知識も必要となってきます。

 

多種多様なサイトが売買されていますので、一朝一夕では様々な業界の知識をつけることは極めて難しいため、

日々勉強していかなくてはいけません。(当たり前ですが・・・)

 

やはり、仲介に入っている以上、売手様買手様が最後まで気持ちよくサイト売買のお取引ができるように、

日々精進していこうと改めて思ったので、書いてみました。

 


SNSでもご購読できます。