サイト売買・サイトM&A・個人M&Aの成功戦略を書いてます。

サイト売買成功戦略ブログ

インタビュー

GEAR代表の有薗さんにサイト売買インタビュー

サイトの売買をした経験がある事は、サイト売買を有利に進める上で特に重要になります。

今回は、過去200件以上サイト売買をされている株式会社GEARの代表取締役である有薗隼人さんにサイト売買に関するご自身の経験や初心者が売却で狙うべきジャンルなどをお聞きしました。

■プロフィール

有薗 隼人さん

株式会社GEAR 代表取締役

アフィマニ:https://afimani.net/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCjABywXZf5TKdrOXf7o8RPw

パイレーツドメイン:https://pirates-domain.com/

ツイアド:https://twiad.info/

ミラコロ:https://miracolo.me/

ユーウォッチ:https://gear-hd.co.jp/u-watch/

 

サイト売買との関わりについて

横山良雄@サイトキャッチャー
サイト売買に関わったきっかけや起業した経緯についてお聞かせください。

有薗さん
起業は9年くらい前にしました。もともとGMOインターネット株式会社で、ゴリゴリの営業をしていてました。 起業して、SEOの営業などをやっていたのですが、その時にアフィリエイトを知って自分でサイトを作り始めたのが2012年くらいです。自分でサイトを作っていたので、アフィリエイトで収益もちょこちょこ稼いでいたのですが、その時に参加したセミナーで、当時サイトキャッチャーを運営していたFaberCompany社の古澤さんがサイト売買の話をしていて「じゃあ自分のアフィリエイトサイトも売ってみようかな!」と思ったのがきっかけでした。1番最初の取引ではそのサイトキャッチャーさんを使わせて頂きました。

横山良雄@サイトキャッチャー
ありがとうございます。最初に売却されたサイトはどんなサイトだったのですか?

有薗さん
その当時はカーシェアの比較サイトみたいなものなどを作っていたので、そのカーシェアの比較サイトとクラウドソーシングの比較サイトです。当時はまだクラウドワークスが上場する前の時で、クラウドワークス、ランサーズのことを比較するサイトを作って持っていました。自分がクラウドワークスとかを使っていたのでそれを基に体験談ベースのサイトを作っていました。当時はクラウドワークスというキーワードだと2位とか3位くらいまで上がっていて、それらを40万円とか100万円くらいで売ったのが最初です。

横山良雄@サイトキャッチャー
サイトの運営期間は短かったんですか?

有薗さん
短いですね。半年くらいです。

有薗さん
当時はアフィリエイトで月5万円くらいの売り上げだったので8ヶ月〜10か月分くらいで売れて良かったなという感じです。

横山良雄@サイトキャッチャー
自分で作ったサイトを2つ売った後は、どうされたのですか?

有薗さん
そこからはまた、サイトを作っては売って、というのを結構繰り返しました。キャッシングとか脱毛とかウォーターサーバーというジャンルの比較サイトを作っては2~3万円売り上げが出たらすぐ売ってしまうということをやっていました。サイト売買の良い所は、すぐに現金(キャッシュ)になるという点です。立ち上げて3か月でも2~3万円のアフィリエイトの報酬があったら当時は2年分くらいの売却金額がついて60万円くらいで売れていました。そこで売却をし、キャッシュが入ったら、今度はそのキャッシュからライターさんにお金を払って記事を書いてもらうなどしてサイトを作って、ちょっとSEOを頑張って、それでまた売るというのを繰り返していました。

サイト売却に関する考え方

横山良雄@サイトキャッチャー
サイト売買時にサイトへの愛着みたいなものはあまりなかったのですか?

有薗さん
最初の方のサイトはもちろん愛着があったのですが、途中からビジネスというか、「売る用に作ろう」と思うようになりました。

横山良雄@サイトキャッチャー
売る用に作ろうっていう発想はなかなか聞かないですね。

有薗さん
アフィリエイトをやってると、広告仲介業者であるASP(アフィリエイトサービスプロバイター)から実際入金されるまでの期間が遅いのです。成果が発生したとしても実際に入金されるのは、その翌々月の15日とかです。僕はそれがあまり好きではなく、仕事をしたらすぐにキャッシュにしたいタイプだったので、サイト売買だとすぐお金が入ることになるので、その部分で非常に相性がよかったです。売ったサイトによっては200万円~300万円になることもありました。

横山良雄@サイトキャッチャー
どんなサイトを売却されてましたか?

有薗さん
当時は、商標を狙ったキーワードとかで、キャッシング系の大手の社名とか。あるいは脱毛サイトとかですね、当時はサイトを作ってバックリンクを付けるだけで検索順位がすぐに上がっちゃってました。そうすると売上がそこそこ出るので、売上が出たサイトについてはサイト売買ですぐに売るみたいにしていました。その後、ある程度キャッシュができてきた時にサイト売買のプラットホーム自体を買いたいなと思って、そしたらちょうどとあるサイトが売りに出ていて、売ってほしいと連絡をしました。なかなか最初は売ってくれなかったのですが、僕がしつこいので半年から1年くらいずっと「売ってほしい」と交渉し、最終的には売って頂きました。

横山良雄@サイトキャッチャー
営業力ですね!!結局買えたんですか?

有薗さん
買えました!当時、一番最初に売ってくれといったときには価格で合意できなかったのですね。弊社はこれしか出せないというラインがあって、あっちはもっと高い金額じゃないと売らないと言っていたのですが、時間が経っても結局他のところにもまだ売れていないようで。そこで半年後とかにも、「絶対活用できるからこの価格で売ってくれ」と、しつこく言っていたら最終的に折れてくれて売ってくれました。そこからそのサイトも運営するようになって、サイト売買の仲介業としてアフィリエイターさんがサイトを売りたいという時に、お手伝いさせていただくようになりました。

サイト売却するのにオススメのジャンルは?

横山良雄@サイトキャッチャー
今まで200~300売った中でこのジャンルが売れたなっていうのはありますか?

有薗さん
やっぱりキャッシング、金融系ですね。弊社のサイトではなくて仲介で担当させていただいたサイトになるんですが、一番高く扱ったのは2億円くらいのサイトです。

横山良雄@サイトキャッチャー
1サイトで2億円ですか?

有薗さん
はい。1サイトです。当時、そちらのサイトは月1000万円くらい売上が出ていたのですが、それをとある非上場の会社に2億円で売却が決まりました。その時は手数料でうちは2,000万円くらい入りました。自分で売ったものに関しては、サイトというか事業譲渡で数千万円で売却したものがあります。

横山良雄@サイトキャッチャー
それは何関係のサイトだったのですか?

有薗さん
アフィリエイト関連です。

購入した中で一番高額だったサイトは?

 

横山良雄@サイトキャッチャー
購入されたサイトで一番高額だったのはいくらですか?また、一番儲かったサイトはどういうものでしょうか?

有薗さん
一番高かったのは2,000万円くらいです。それもキャッシングとかの金融系です。結構儲かりましたよ。

横山良雄@サイトキャッチャー
今は、売却したのですか?

有薗さん
いえ、弊社で持ってます。月々アフィリエイトで売上が出ています。購入後弊社の単価に貼り替えただけで売上が倍増しています。そこらへんのロジックについては、アフィリエイトをやっていて、サイト売買をやられている方たちには理解いただけるのですが、結局もらっている単価が違うから儲けを出すことができるということになります。

横山良雄@サイトキャッチャー
ASPの特別単価ですか?

有薗さん
そうです。そのサイトがその運営者で月100万円くらいしか売り上げてなくても、弊社がもっといい単価をもらっているのであればサイト売買で購入後、タグを張り替えるだけで300万円位のサイトになるので、そこを上手に活用できれば、自社の優位性ですぐに譲渡代金は回収できてしまうことになります。

横山良雄@サイトキャッチャー
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)と相性がとても良いですね。

有薗さん
そうですね。やってて本当に面白いなと思ったのが、良いサイトで多くのアクセスが来ているのですが、あまり収益化できていないサイトが多いということです。例えば車買取のジャンルは、僕たちからすれば1件の申し込みが3000円くらいASPからいただけるのですが、運営者によっては1件の申し込みが500円のリンクを掲載してたりするのですよ。そのサイトは500円で月20件とか獲得していても、運営者は「全然売り上げないです」と言っていたりすることがあります。こういうものは弊社の単価に貼り替えればそれだけで売り上げが6倍になるので、即日で買いますよね。

横山良雄@サイトキャッチャー
買った瞬間6倍になるということですよね?

有薗さん
そうです。そういう事を知らずに、良いサイトなのに安い単価のアフィリエイトタグを貼っているサイト運営者さんが結構います。あとは1クリックそこまで費用にならない、アドセンスに流しているとか。もったいないことが結構あります。そういうサイトを見つけたら買いです。

横山良雄@サイトキャッチャー
逆に言うとジャンルどうこうっていうよりは価格差でもったいないなっていうところであればオールジャンルOKですか?

有薗さん
今はYMYL(Your money Your Life:グーグルが提唱するお金や健康などに関するジャンルで、SEOが上がりにくいとされる)とかは、なかなか厳しいので、手を出していないです。薬機法とかもあるので、サプリのジャンルとかは一切手を出さないですし、結構難しいジャンルですね。今後取り締まりがさらに厳しくなるとも言われていますので。

有薗さん
なぜ、こういう流れになっているのかっていうのを検索エンジンの知り合いがいて聞いてみたら、Youtubeもそうなんですけど、悪い人たちが増えてしまったっていうのが1番大きな問題のようです。迷惑youtuberも増えたし、アフィリエイトでもサイトで「初回980円」とだけ書いていて、定期購入のことを書いていなくてトラブルになるとかもあります。こういう状況のため、厳しくせざるを得ない感じらしいです。

どういうサイトをつくれば売れますか?

横山良雄@サイトキャッチャー
売却しやすいジャンルってありますか?

有薗さん
儲かるのは金融系だと思うので、高い値段で売却したいと思ったら金融系のジャンルを狙っていくということと、比較的弊社がやってるのは、プレスリリースをよく見ることです。最近だとリアルワールド社がめちゃくちゃサイトを買っていたり、2~3年前だシェアリングテクノロジー社がたくさんアフィリエイトサイトを買ってましたよね。そういうところを見て、どういうサイトを買ってるのかなと見たりして、例えば引っ越しのサイトを3000万円で買ってるな、というのを見つけたら、そこに売りに行くためにあえて、そういったサイトを作ったりはします。

横山良雄@サイトキャッチャー
2021年に話題になりそうな分野ってありますか?例えばAI関連が伸びそうだなとか。

有薗さん
例えば仮想通過の比較サイトとかは2017年、2018年などに結構お問い合わせをいただきました。

そういう感覚でいくと、DXとか来るでしょうし、あとはドローンとかPayPayとかの決済系の比較サイト、あるいは、今携帯キャリアが価格を下げているので格安SIMとかもいいと思います。今のところアフィリエイトサイトを見ていると、どこのサイトもソフトバンクとかのキャリアと格安SIMとのジャンルで明確にサイトの作り方が分かれているので、これが2021年にごっちゃになるかなと思います。

格安SIMのサイトなどは何人か知っている人がサイトを売ろうかなという相談をいただいています。

サイト購入の初心者へアドバイスは?

横山良雄@サイトキャッチャー
インタビューを見る方がサイトの購入に興味がある場合に、気を付けるべきポイントはどこなのでしょうか?

有薗さん
売上やPVの虚偽とかがある場合があるので、そこは必ずチェックすることと、契約書をしっかり交わすことですね。自分が買って運営していくという立場で話すと、どんなキーワードでサイトにアクセスが入っているのかという部分はやはりチェックしないといけないと思います。10,000PVあるのが、一つのキーワードがヒットしているから10,000PVなのか、ロングテールで色々なところからアクセスを拾ってきているのかによって全然物が違うので、そこのチェックは必ず必要です。

横山良雄@サイトキャッチャー
1キーワードとロングテール、どちらがおすすめですか?

有薗さん
リスク分散という点でいうと、やはりロングテールで拾っているサイトのほうがいいですね。例えばカードローンっていう一つのキーワードで上がっていたとしても、「それが落ちたらどうするの?」という話になるので。あと、買収に慣れている会社だと「コンバージョンの出ているページを30URL送って」とか結構言われます。他には、コンバージョンしているキーワードを出してとか。ちゃんとしている会社さんはそういうのをちゃんと精査されて買われているので、初心者の方は難しいとは思いますが、買う際には、そういうのをちゃんとチェックするべきだと思います。

横山良雄@サイトキャッチャー
仲介をお願いする場合にはちゃんとそういうのを教えてくれる仲介サイト選んだほうがいいですね。

有薗さん
そうですね。

サイト売却の初心者が気をつけるべき点は?

横山良雄@サイトキャッチャー
サイトを売却する人が気を付けるべき点は?

有薗さん
欲張らないことですね。今、SEOではアップデートが頻繁にきていて不安定なので、利益の20か月分で売却とかは難しくなっていますね。僕も売り買いしていて思うのが、例えば最初200万円で売りたいと思っていたものを「150万円なら買うよ!」って言われたときに「売っちゃうこと」が、大事だなって思っています。そこで下手に交渉していると売り時を逃して交渉自体がなくなることがあります。僕もそれで交渉決裂したのが5~10回くらいあるので、もうこの価格なら買いますって言われたら潔く売った方が決まります。そこでごちゃごちゃいうと交渉自体がなくなってしまうのです。その後は、結局売れずにズルズルいってサイト自体もSEO自体が下がってしまって、売上も落ちてしまうみたいな形になることが多いです。

横山良雄@サイトキャッチャー
売ろうと思って最短どれくらいの目安で交渉しますか?

有薗さん
最短でいうと即日で売っちゃうこともありますし、最長だと2~3か月ですね。でもサイト売買は事業譲渡などと比べ、交渉自体は早いと思います。事業譲渡とか株式譲渡とかだと半年とか1年とかかかることもざらです。あとは事業譲渡とか株式譲渡とかで大きな会社の稟議を通しちゃうと、途中でサイトのSEOが落ちても買わないといけなくなるということがまれにあります。そこらへんは面白いなと思います。

売買交渉について

横山良雄@サイトキャッチャー
交渉するときは対面ですか?メールがメインですか?

有薗さん
弊社の場合は、対面はあんまりなくて、それこそ今はコロナの状況もあり、Zoomを使うようになったので、Zoomだと一回くらいは交渉の中で対面でお話ししたりするのですが、さっきお話しした金融の2億円で仲介したサイトも対面は一回だけです。

横山良雄@サイトキャッチャー
えええ!!本当ですか?

有薗さん
あとはメールとチャットワークだけです。あと2000万円~3000万円ぐらいの譲渡価格のものの仲介もしていたのですが、それらは一回も会ったことないとかはざらにあります。ただ、サイトキャッチャーさんでもあると思うのですが、2000万円クラスだと割と決まっちゃうというか、データをしっかりしておけばそこまで難しくなく決まる場合が多いです。

有薗さん
基本的に私が仲介させてもらう方たちはあまり対面はないですね。要望されたら応じるということが多いです。

サイト売買に関してその他の疑問

横山良雄@サイトキャッチャー
売上がゼロでも買われたことはありますか?それはどんなサイトですか?

有薗さん
あります。実はここ2か月くらいで20~30サイトくらい買っています。基本的に弊社でリカバリしたいというのがあって買ってるのですが、売上ゼロのサイトが多いです。デザインがきれいで、コンテンツの質がちゃんとしており、コンテンツがある程度入っている場合は、(300記事など)作るより早いと判断し、そういう場合には買っちゃいます。当然ライターさんに発注して記事を書いてもらうのも時間もお金もかかるので、それが文字単価1円で計算した時に買ったほうが早いと判断した時には買っちゃうということになります。全然売り上げゼロでも買いますよ!あとは付帯情報ですね。サイトに会員さんが付いているとか、そういういいサイトは買います。

横山良雄@サイトキャッチャー
売上が0円で一番高額なサイトはいくらくらいですか?

有薗さん
500万円ぐらいですね。それは本当にコンテンツの質がすごくよかったのと、僕たちが作っても500万円〜600万円はかかるだろうということがわかったので、買っちゃいました。多分絞り込み検索とか、システムとかが付いていたりしたと思います。

有薗さん
他には、アフィリエイター向けの画像集のサイトなんですが、1万人くらい会員さんが付いていて買わせていただきました。

横山良雄@サイトキャッチャー
おもしろいですね。

横山良雄@サイトキャッチャー
今回は、貴重なお話をありがとうございました!
有薗さん
アフィリエイトも長くやっていますので、アフィリエイトのサイト売買のことについてはいつでもご相談いただければなんでもお話しできると思います。

サイトキャッチャー サイトキャッチャーは日本最大級のサイト売買プラットフォームです。 強豪他社を圧倒する実績で、サイトを売りたい方・買いたい方をサポートします。 初めての方でも安心してサイトの売却いただけるようサポート付きです。

サイトキャッチャーはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
横山良雄@サイトキャッチャー2番サード

横山良雄@サイトキャッチャー2番サード

サイトキャッチャー @2番サード:海外ツアー事業、子供向けECサイト、美容室向け商材卸(会社売却)、修理店舗事業売却などを経て、サイトキャッチャー の事業M&Aを行う途中で、サイトキャッチャー の中の人になりました。

-インタビュー

Copyright© サイト売買成功戦略ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.